コンディションが良いか悪いかで買取価格は変わる

売ることを前提に普段から丁寧に扱う

ブランド品は、新品の買取価格が一番高く、次に高いのが新品に近いもので、コンディションが悪くなるほど価格が下がっていきます。そのため、着なくなったブランド品は売ろうと考えている人は、購入した時点から売ることを前提にして丁寧に扱うことが大切です。乱暴に扱うと破れたり、ボタンが取れてしまうこともあるうえ、クローゼットの中に保管している間にカビが生えたり虫に食われたりすることもあるでしょう。高く売るためには、できるだけ洋服に負担を与えず、着用・保管することが大切です。保管する時は、直射日光が当たらず風通しの良い場所を選びましょう。また、洋服が入っていたケースや替えのボタンや小物なども、きちんと保管しておくのが賢明です。

クリーニングをして綺麗な状態にしてから査定に出す

ブランド品に汚れが付いた状態で査定に出すと、実際よりも安い買取金額をつけられる可能性があります。買取価格を高くしたい場合は、クリーニングをした綺麗な状態で査定に出すのが必須です。手洗いできるものは自分で洗濯することもできますが、美しくパリッとした状態に仕上げるにはクリーニングに出すのが一番です。また、汚れを落とそうと色々な薬品を使ったり、ブラシでこすったりすると、余計に生地を傷めて価値を下げることもあります。洗濯しても取れない汚れは、無理に落とそうとせずそのまま査定に出すのが賢明です。そして、全くの知識なしに査定に出すのではなく、ある程度市場の相場を調べてから査定に出すと、理不尽な金額をつけられた時にわかります。